知らぬ間に二重支払いに!?Adobe製品サブスクの落とし穴

Adobe
スポンサーリンク

IllustratorやPhotoshop、デザインに携わる人には必須アイテムですよね。私も今やIllustratorがないと仕事になりません。
買い切りソフト時代から使用していますが、今や時代の流れでAdobeのソフトはすべてサブスクリプション(定額支払)となりました。
サブスクに慣れない私が、Adobe製品でうっかり二重支払をしてしまっていた一部始終を備忘録として残したいと思います。

Adobe製品のサブスクの内容

現在Adobeには大きく分けて「フォトプラン・単体プラン・コンプリートプラン」の3つのプランがあります。
個別の内容についてはここでは触れませんが、Illustrator・Photoshopに関してはデスクトップ版に加えてiPad版の利用も料金に含まれています。

そう、このiPad版が落とし穴だったのです…。

 

iPad版の落とし穴

私は現在Illustratorの個別プランのみ契約をしています。
実は、デスクトップ版を契約する前に、iPad版の使い心地を確かめるべく契約をしていたのですね。
つまり使用の順番はiPad版→デスクトップ版でした。
この時私は「デスクトップ版Illustratorの契約にiPad版が使える旨書いてあるから、請求はデスクトップ版だけになるだろう」などと考えていました。

 

すると、次の月からipad版とデスクトップ版が別々に請求が来ているじゃないですか!
しかもデスクトップ版はクレジットでの引き落としで、iPad版はAppleを経由してキャリア決済での請求だったので、なかなかすぐには気付けないというオプション付き。
よくよく考えれば、iPad版をDLした時点でiPad版単体での契約が成立しているのだから、デスクトップ版のサブスク契約とは別になるのは当たり前ではあるのですが、Adobeアカウントは同じだから請求も紐づくだろう〜と頭のどこかでいいように解釈してしまっていたのが敗因でした…。
幸い、iPad版は¥1,080なうえ3ヶ月で気がつけたので甚大な被害にならずに済みましたが…。

 

まとめ

今回はたまたまiPad版を先にDLしてしまったのでこんな事態になってしまいましたが、デスクトップ版→iPad版の順番で正常に手続きをすればデスクトップ版のみの請求になります!
iPad版をDLする際は順番に注意し、もし間違った順番でDLしてしまった時はすぐにサブスクの契約内容を確認して下さい。

コメント