グリッターケースに出来た気泡は何時間で消える?徹底検証!

BLOG
スポンサーリンク

立秋を迎えたとはいえ、毎日暑いですね。

こんな時期は太陽の下でキラキラ輝くオシャレなグリッターケースをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、グリッターケースに高温は大敵。温度上昇により気泡が発生し、お困りの方もいらっしゃるかもしれません。
また、気泡の消し方はわかっていても消えない!消えるまでどのくらいの時間がかかるの?という方のために、ここではグリッターケースに気泡ができた時の対処法と、実際に気泡が消えるまでの時間を計測してみました。

グリッターケースに気泡ができる原因

グリッターケースは、クリアケースの中に特殊なオイルが入っており、それにより一緒に入っているラメがキラキラと揺らめく仕組みとなっています。
ケースの中のわずかな空気が、夏の気温や本体端末の温度上昇、冬の暖房器具といった外的理由で熱されることにより、気泡が発生してしまいます。
温度上昇で気泡が発生することについてはケースの不具合ではありませんが、ラメの揺らめきがいびつになったりと、やはり気になってしまいますよね。

グリッターケースに気泡ができた時の対処法

結論から言うと、「冷やすこと」です。

前項で述べたとおり、ケース内の空気が熱されることにより膨張して気泡が発生しているので、冷やすことにより空気を収縮させて気泡を消すことができます。
家庭では冷蔵庫で冷やすなどの方法で消すことが可能です。

グリッターケースの気泡が完全に消せるまでの時間

では、気泡はどのくらいで完全に消し去ることができるのか、実際に検証してみました!

  • スタート時点の気泡のサイズは約1.5cm
  • 一般的な家庭用冷蔵庫の冷蔵室(約4度)に入れておく
  • 写真を撮影する時以外は冷蔵庫から取り出さない

【6月24日】スタート 1日目


スタートの状態。この時点で約1.5cm。ずいぶんと大きく育ってしまいました…。
なかなか消すのに時間がかかりそうです。

【6月26日】3日目


24時間で一旦見ようと思っていたのですが、うっかり時間をオーバーしてしまいました…
ちょっと小さくなっていますが、思ったより変化がありませんでした。

【6月29日】5日目


ようやくスタートから半分くらいの大きさになったところでしょうか。

【7月2日】8日目


かなり小さくなりましたね!
スタートは宇宙飛行士を覆ってしまいそうな大きさだったのに、今や手のひらに収まりそうなサイズです。

【7月5日】11日目


完全に消えました!

まとめ

気泡の大きさや検証時期にもよるとは思いますが、今回は『1.5cmの気泡を消すには11日間冷蔵庫で冷やす』という結果になりました!
グリッターケースに気泡ができてしまった時は今回の結果を参考にしてみてください。

今回はで検証しましたが、で検証した記事も執筆しましたので是非ご覧ください!

グリッターケースに出来た気泡は冷凍庫に入れると早く消える?徹底検証!
グリッターケースにできた気泡は冷蔵庫より冷凍庫の方が早く消えるのか?温度によって気泡が消えるまでの時間に差が出るのかどうか実験してみました。

ちなみに、今回検証に使用したグリッターケースは以下で販売中です♪

グリッタースマホケース 宇宙からこんにちは
宇宙船の外から見える銀河がスノードームのように幻想的にキラキラ流れていき、宇宙船へと手を振る宇宙飛行士と遠くに見えるアップル星が遊び心のあるキュートなグリッターケースです。※機種(アップルマーク)によって窓の位置が変わります...

コメント